有料会員限定

「ブラジルモデル」完成へ期待かかるルセフ 2人のカリスマから引き継いだ夢

印刷
A
A
カリスマリーダーであるルーラ(右)の構想を、官房長官として実務に落とし込んだルセフ(LatinContent/Getty Images)

特集「躍る!ブラジル」の他の記事を読む

多くの南米諸国は今、大陸の盟主であるブラジルがルーラ前大統領の下で推し進めてきた「ブラジルモデル」の行方を、かたずをのんで見守っている。

ブラジルモデルとは、マクロ経済を安定させつつ、同時に格差の是正や貧困対策など社会政策に注力し、経済力をつけていくというもの。一見相いれない政策を両立させる壮大な試みを、新政権がどう仕上げていくのか注視されているのだ。

ルーラは8年間の任期中で、このブラジルモデルの構築に、おおよその道筋をつけることができたと評価できる。就任早々、ボルサ・ファミリア(条件付き現金給付)など貧困対策を打ち出す一方、2005年にはIMF(国際通貨基金)からの借り入れを完済。07年には純債権国への転換にこぎ着けた。再選後は、経済成長促進プログラム(PAC)を政策の目玉として提示。主としてインフラ構築に約33兆円を投じ、ブラジルの経済成長を牽引してきた。

二兎を追う難しいモデルに道筋をつけることができた理由の一つには、退任時においても8割の支持率を誇ったルーラへの、国民からの圧倒的な支持がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
躍る!ブラジル
ディスクローズ先進国! あらゆる情報が手に入る
ブラジル版会社四季報
ぜひ覚えておきたい
完全保存版
どうなった? 日系ブラジル人問題
チャンスはアジアにあり
迫力のブラジル式経営と、残る課題
ブラジル再進出を決めたIHI
世界に類なき親日国
出遅れ取り戻せ!まだ勝機はある
高分配金狙って投資家が殺到
インフレなき成長は可能か
2人のカリスマから引き継いだ夢
巨大油田発見!有数の石油資源国に
「世界の穀倉」に投資マネーが襲来!
だからロナウジーニョは帰国を決めた
重荷はすべてなくなった
目覚めた南米の大国 2億人の巨大需要
中国、インドの次はここだ!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内