有料会員限定

豊饒な大地を我が手に 「爆食龍」中国の野望 「世界の穀倉」に投資マネーが襲来!

印刷
A
A
三井物産子会社の広大な大豆農場。保有する農場の総面積は東京23区の1.8倍

特集「躍る!ブラジル」の他の記事を読む

走っても走っても、畑が果てしなく広がる。大豆で米国に次ぐ世界2位、トウモロコシでも3位の生産量を誇るブラジルは、世界有数の穀物産地だ。そこに今、世界の投資マネーが殺到している。

国連食糧農業機関(FAO)の調べによると、たとえアマゾンの森林を破壊せずとも、ブラジルの耕作可能面積はなんと2.5億ヘクタールに及ぶとされている。実際に農地使用されている面積は、たかだかその4分の1程度だ。

アマゾン川やサンフランシスコ川には、穀物栽培に欠かせない水が満々と流れる。丸紅の水本圭昭・食料部門長代行は、「ブラジルは今の規模もさることながらポテンシャルが非常に大きい」と語る。

そんないわば「世界の穀倉地帯」で、近年、急速に存在感を増しているのが中国だ。規模の大小を問わず、さまざまな企業が、猛烈な勢いでブラジルでの農業開発に参入しているのだ。

ある日、中国の農村が大豆畑を買った

中国・浙江省華豊村。アパレルなど軽工業が盛んな浙江省でも、いまだ農村の面影を残すのどかな地域だ。だがこの村は、中国でもいち早くブラジルでの農業開発に進出したことで、一躍有名になった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
躍る!ブラジル
ディスクローズ先進国! あらゆる情報が手に入る
ブラジル版会社四季報
ぜひ覚えておきたい
完全保存版
どうなった? 日系ブラジル人問題
チャンスはアジアにあり
迫力のブラジル式経営と、残る課題
ブラジル再進出を決めたIHI
世界に類なき親日国
出遅れ取り戻せ!まだ勝機はある
高分配金狙って投資家が殺到
インフレなき成長は可能か
2人のカリスマから引き継いだ夢
巨大油田発見!有数の石油資源国に
「世界の穀倉」に投資マネーが襲来!
だからロナウジーニョは帰国を決めた
重荷はすべてなくなった
目覚めた南米の大国 2億人の巨大需要
中国、インドの次はここだ!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内