有料会員限定

ブラジル関連ファンド熱狂の裏に隠れた罠 高分配金狙って投資家が殺到

印刷
A
A

特集「躍る!ブラジル」の他の記事を読む

ブラジルへは日本の投資家も熱い視線を注いでいる。

投資信託の分析を手掛けるリッパー・ジャパンによると、2010年の投資信託の資金流入ランキングでは、4位の「新興国債券ファンド〈ブラジルレアルコース〉」をはじめ、上位10本のうち5本をブラジル関連ファンドが占めた。

ここで言うブラジル関連ファンドとは、大きく株式型、債券型、そして通貨選択型のブラジルレアルコースの3種類に分かれる。これら三つの純資産残高の合計は、10年秋に6兆円を突破。リーマンショック後の投資信託市場において、まさに牽引役となっている。

三つのうち最初に登場したのは、ブラジル企業に投資する株式型ファンドだった。06年には国内で初めて「HSBCブラジルオープン」が運用を開始。ブラジル株式市場の好調もあって、09年には基準価額の上昇率ランキングで、ブラジル株式型が上位を占めた。

ただし、10年は株価の調整もあって資金流入が一巡。代わって主役に台頭してきたのが、債券型と通貨選択型のファンドである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
躍る!ブラジル
ディスクローズ先進国! あらゆる情報が手に入る
ブラジル版会社四季報
ぜひ覚えておきたい
完全保存版
どうなった? 日系ブラジル人問題
チャンスはアジアにあり
迫力のブラジル式経営と、残る課題
ブラジル再進出を決めたIHI
世界に類なき親日国
出遅れ取り戻せ!まだ勝機はある
高分配金狙って投資家が殺到
インフレなき成長は可能か
2人のカリスマから引き継いだ夢
巨大油田発見!有数の石油資源国に
「世界の穀倉」に投資マネーが襲来!
だからロナウジーニョは帰国を決めた
重荷はすべてなくなった
目覚めた南米の大国 2億人の巨大需要
中国、インドの次はここだ!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内