アップル、開発拠点の狙いは「自動車」だ!

iPhoneから広がるビジネスへの布石

今年9月に発売されたiPhone6(撮影:尾形文繁)

12月9日に安倍晋三首相が行った選挙演説の中で、突如「アップルが国内に技術研究所を作る」との発言が飛び出し、関係者を驚かせた。それは事実であり、アップルからは次のようなステートメントを発表されている。

「私たちの日本における事業が、横浜に設立するテクニカル・デベロップメント・センターにより、さらに拡大されることをたいへんうれしく思っています。これは数多くの雇用創出にもつながり、彼らは現在日本で働く、8つの直営店スタッフを含む数多くの社員の仲間に新しく加わることとなります。私たちは日本でのこれまでの歩みを誇りに思いますと共に、Appleが日本でビジネスを行なってきた30年以上の間、私たちを支えてくださった多くのお客様に心から感謝申し上げます」(米アップルより公開されたステートメント全文を引用)

数十人規模の開発拠点に

アップルは2015年初頭にも、横浜に「テクニカル・デベロップメント・センター」と呼ぶ、数十人規模の開発拠点を設置し、日本の各企業との関係を強化していくことになるようだ。アップルからこれ以上の情報は開示されておらず、テクニカル・デベロップメント・センターがどのような組織になるのかも、はっきりしていない。しかし、これまでの日本企業とアップルの関係を考えると、想像できることはいくつもある。

次ページ研究開発のターゲットは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT