新発明!不快なエレベータが快適に

<動画>ティッセンクルップが目指す革命

この止まらずに動き続けるパタノスター式エレベータはベルリンの経済技術省などで現役のエレベータとして残されている。新たに認可はされないが、古いエレベータシステムは現存しているため、それをみて刺激を受けた、ということだ。

ティッセンクルップの新システムも、パタノスター式と同様に多くのキャビンが周回する仕組みだが、その速度はずっと速くて、しかも所定の階に近づくとブレーキがかかり停止することができる。

シーレンベック氏はこう続ける(1分01秒~)。「私たちが最初に取り組んでいるシステムのコンセプトでは、キャビンは8人乗りなので比較的小さく軽く作ることができます。そのためスピードは極めて速くできます。私たちの計算ではエレベータの扉の開閉に15秒から30秒あれば、8人の乗客が乗り降りできます」。

目指すは世界トップシェア

同社はフルサイズの初号機を2年以内に実現する計画だ。この革新的な技術により、エレベータ技術におけるトップ企業に躍り出ることを目指す。

ちなみにエレベータの世界シェア上位企業をみると4位以下に三菱電機、日立製作所、東芝エレベーター、フジテックなどの日本企業が並んでいる。当然、この新方式のエレベータが実用化されれば、日本企業も影響を受けるだろう。

提供:ロイター(ナレーションは英語です、音量にご注意ください)
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。