これが、世界最大のデジタルガラス印刷機だ

<動画>イスラエル企業がインクも独自開発

世界最大のデジタルガラス印刷機

世界最大のデジタルガラス印刷機がギネスによって世界記録に認定され、ギネスブックに掲載された。

長さ20ヤード(18メートル)を超えるこの印刷機は、長さ約18メートル、幅約3メートルの一枚ガラスに印刷をできる。

人々は大きいものが大好き

ディップテック社のCEO、Yariv Matzliach氏は、このイスラエルの会社は特大印刷ガラス板に対する需要増に応えるためにこの機械を製作したのだ、と述べる。「人々は、大きなものを見ることが好きです。通りや街、ビルの壁面になると特にそうです。それらは大きくなるばかりで、ガラス板の間や異なる材質の板の隙間を埋めて、大きくしていくことが求められているのです」と言う。

同社は10年前に創業し、ガラス表面を印刷するために利用する、特許取得済みの独自のセラミックインクも製造している。

同氏は「ガラスにデジタル技術を利用することを思いついたとき、問題の一つはインクでした。当社はガラス印刷のためにセラミックのデジタルインクを生産できる唯一の会社です」と続けた。

次ページ課題は乾燥に時間が掛かること
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT