これが、世界最大のデジタルガラス印刷機だ

<動画>イスラエル企業がインクも独自開発

世界最大のデジタルガラス印刷機

世界最大のデジタルガラス印刷機がギネスによって世界記録に認定され、ギネスブックに掲載された。

長さ20ヤード(18メートル)を超えるこの印刷機は、長さ約18メートル、幅約3メートルの一枚ガラスに印刷をできる。

人々は大きいものが大好き

ディップテック社のCEO、Yariv Matzliach氏は、このイスラエルの会社は特大印刷ガラス板に対する需要増に応えるためにこの機械を製作したのだ、と述べる。「人々は、大きなものを見ることが好きです。通りや街、ビルの壁面になると特にそうです。それらは大きくなるばかりで、ガラス板の間や異なる材質の板の隙間を埋めて、大きくしていくことが求められているのです」と言う。

同社は10年前に創業し、ガラス表面を印刷するために利用する、特許取得済みの独自のセラミックインクも製造している。

同氏は「ガラスにデジタル技術を利用することを思いついたとき、問題の一つはインクでした。当社はガラス印刷のためにセラミックのデジタルインクを生産できる唯一の会社です」と続けた。

次ページ課題は乾燥に時間が掛かること
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。