スガキヤの300円ラーメンはどうなる?

幸楽苑290円ラーメン中止で俄然、注目

では「300円ラーメン」はどうなるのか。

スガキヤを運営するスガキコシステムズの広報担当者は「当社として今のところ急激に値上げする予定はない」と断言した上で、「それ以上の見通しや他社の方針については答えられない」とコメントした。

同社は今年3月にラーメンを税込み290円から300円に値上げするなど、主要メニューの価格を6年ぶりに改定している。主因はその時点での原材料費の高騰。地元では「ついに300円の大台に乗った!」とも騒がれたが、半月後の消費増税でむしろ当たり前に受け止められた。

安売りの歴史は「格違い」

そもそも同社のラーメンは、1946年の創業時に1杯30円。1950年代に70円、1960年代に90円、1976年から85年までが120円。1986年以降は段階的に270円、290円と値を上げたが、「特製ラーメン」など上位メニューでも400円前後にとどめるなど、一貫して低価格戦略を守ってきた。ここ10年ほどで290円ラーメンを打ち出してきた幸楽苑とは“格の違い”というか、路線の違いがあるわけだ。

とは言っても、とどまる気配のない円安や人手不足が苦しくないはずはない。この衆院選でアベノミクスが信任されるかどうかで、ラーメン業界の台所事情もまた変わってくることだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。