希望のつくり方 玄田有史著

希望のつくり方 玄田有史著

著者が2005年から取り組んできた「希望学」の研究成果を1冊にまとめた。希望学とは、希望を単なる個人の心の持ちようとしてだけでなく、会社や地域、国など、個人を取り巻く社会のありようとの関係から考察するもの。

本書の調査では、日本の大人の3人に1人は希望がないと答えている。そうした中、未来を担う若者たちはどうやって希望を創出していけばいいのかを、統計学などを駆使して多角的に検証している。

特に、岩手県釜石市で行ったフィールドワークが興味深い。釜石は、製鉄所の閉鎖や人口減少などで街が疲弊した歴史を持つ。しかし、希望再生の取り組みに成功し、現在はそれまで以上の活気を取り戻している。その秘密に
迫る。

岩波新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT