中国市場での成功に不可欠なデジタルマーケティング、その可能性と落とし穴[1/2]


 09年のメディア利用状況は、87%がインターネットをほぼ毎日利用するなど、テレビよりも利用頻度が高いことがうかがえる。同時に、インターネットの平均利用時間は3時間以上が38%を占め、テレビよりも1日当たりの接触時間が長い。インターネットの利用状況と利用時間を見ても、インターネットが中国人消費者に与える影響力も必然的に増加傾向にある。

中国人消費者の行動原理

このように中国でインターネットメディアが急速に普及する背景には、3つの要素があると考えられる。

1つは、中国特有のメディア環境である。中国は国土が広いがゆえに全土に人口100万人都市が約250も点在し、テレビは中国全土で約3200チャンネルと非常に細分化されている。全国を効率よくカバーできる媒体が不在の状態なのである。


キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング