ピーター・ティールとは結局、何者なのか?

「ゼロ・トゥ・ワン」筆者のとてつもない思想

話題の書「ゼロ・トゥ・ワン」筆者の素顔とは?(写真:ロイター/アフロ )

ピーター・ティールの話す言葉は、実にわかりにくい。クリアーカットな内容をわかりやすいロジックで話すパブリック・スピーチに慣れた人々と違って、ティールの語りには熟考された複雑な内容が含まれている。しかも、多数派の意見とずっと離れたところに、自らの立つところを求めている。

今評判になっている彼の共著「ゼロ・トゥ・ワン」も、そうした視点から書かれた起業家のための指南書だ。「同意してくれる人はほとんどいないけれど、重要な真実は何か?」という冒頭の問いからして、それに答えようとするとウ~ンとうなってしまうだろう。

ティールは、人々が気づいていないけれども、今世界で求められているものを探し出せ、と言う。そして、みんなが同じところで競争するようなせめぎ合いに時間を浪費せず、誰もいない市場でモノポリーを果たすような大きな発明をしろと訴える。『ゼロ・トゥ・ワン』は、まさにその意。すでにあるものの複製をたくさん作る「ワン・トゥ・n(無限大)」とは元から概念が異なっているのだ。

「ペイパル・ギャング」など複数の顔

複雑なこと、大きなことというのは、ティールその人自身の姿でもある。シリコンバレー人の中でもエキセントリックな人物として知られるティールは、起業家、投資家、ヘッジファンド・マネージャー、篤志家、ゲイ、キリスト教徒、リバタリアン(放任主義者)、保守的な共和党派とさまざまな顔を持ち、シリコンバレーきってのインテリという評と併せて非常にカラフルな人物像を浮かび上がらせる。

そもそも、シリコンバレーのテクノロジー業界に関わる以前は、法律大学院を卒業してニューヨークで活躍する弁護士だった。だが、怠慢なステレオタイプから乖離したその姿が、何かシリコンバレーの未来を予言するものではないのかと感じさせることも確かだ。

ティールは、まず有名なペイパルの共同創業者のひとりとして知られる。紙幣に頼らない金銭のやりとりを可能にしようとして生まれたペイパルの創業者らは今、「ペイパル・ギャング」と呼ばれるほど、シリコンバレーの底流を支えている。1998年に創設されたペイパルが2002年にイーベイに買収されて得た資金をもとに、彼らはさまざまなスタートアップを立ち上げ、また多くのスタートアップの投資家になったからだ。

次ページ長寿の研究に、海上都市の建設……
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT