胃の病気とピロリ菌 胃がんを防ぐために 浅香正博著

胃の病気とピロリ菌 胃がんを防ぐために 浅香正博著

WHО(世界保健機関)は、胃の粘膜に生息する「ピロリ菌」を明らかな発がん性物質とし、肺がんにおける喫煙、肝臓がんにおける肝炎ウイルスと同じ位置付けにしている。

そのピロリ菌が胃に与える影響と胃がん発生に至るメカニズム、また早期発見の方法と予防法を最新の知見から詳細に解説している。ピロリ菌に感染すると、慢性胃炎→萎縮性胃炎→腸上皮化生→胃がんという道筋に至る。

胃がんにならないためには、何よりもピロリ菌の除菌が欠かせない。特に日本は、欧米諸国に比べ胃がんの罹患率が高いことからも、消化器病学の専門家である著者は、除菌の重要性と、国を挙げての胃がん対策を訴えている。

中公新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT