ドワンゴ川上会長、「炎上は放置、謝らない」

「ネットが生んだ文化」、コピー、炎上、嫌儲

 全15巻におよぶ「角川インターネット講座」シリーズ(角川学芸出版)。その第4巻で10月に配本が始まった『ネットが生んだ文化(カルチャー)』を監修したのが、ドワンゴ会長の川上量生氏だ。ネット文化の本質とは何なのか。川上氏に聞いた。今回はその後編。

 

前編はこちら→ ドワンゴ川上会長、「非リアは脳の問題です」

 山田: 「非リア」に続いて、「コピー」について伺います。ネットの時代になってIP(知的財産)の考え方は変わっていくのでしょうか。

川上: これは単純なモデルで考えたほうがいいと思っています。まずコンテンツの可能性の数が有限か無限か。僕は基本的には有限だと思っています。世の中の人間が作るものというのは、有限のパターンしかない。そうすると、先に生きていたほうが有利です。基本、早いもの勝ちです。そうなると、人間が作ったアイデアというものには賞味期限があるべきだというふうに思っているのです。

コピーの制限が、創作の場を窮屈にしている

もうひとつは、コピーすることに関して言うと、人間のアイデアって文明が発達していけばいくほど、1人だけではできなくなっていく。ほかの人のアイデアも利用しないと個人が活躍できないわけです。1人だけではモノを作れないので、作ったものは個人ではなく組織のものになってしまう。

でもそうじゃなくって、個人が創作する文化を作りたいというのが、僕の考え方です。個人が創作活動をできるようにすることが、人間が人間らしくあるためには重要です。そのためには個人でできる範囲を広げてあげる、ということが重要で、他人のものをどんどんコピーして、自分の創作性をそこに付加できるようにしないと、窮屈になっていって個人から創作の場が奪われるわけです。

ただし、作ったものが単純にそのまま複製されてしまうと、その作品にかけたコストを回収できなくなる。そうすると、複雑なコンテンツを作るインセンティブがなくなってしまう。これも困るわけです。

山田: おカネをかけた作品が作れなくなって、ジブリ的なものが成り立たなってしまう。

川上: 僕はコンテンツの消費者としては、いろいろと面白いものを見たい、変わったものを見たい、複雑なものを見たい。つまり他人のものと自分のオリジナリティを組み合わせて創作できるという環境もありながら、作ったものに関しては少なくとも財産権なりが認められて、ちゃんとおカネがもらえるという社会がいちばん幸せなのだと思うんですよね。

次ページコピーをかたくなに禁じるのはおかしい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT