コンテナ船の運賃上昇で今期の海運大手3社は通期で1120億~1500億円の利益改善へ【海運大手3社決算】

日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>の海運大手3社の業績が改善している。コンテナ船運賃が想定以上に上昇したほか、対前期比でバラ積み船の運賃市況が改善したことから、2010年4~9月期(上期)は3社とも前年同期比1000億円前後の利益改善となり、大幅な黒字を確保した。

改善幅は、コンテナ船部門やバラ積み船部門の改善に加えてこれまでお荷物だった航空運送部門を黒字化した日本郵船の1232億円が最大となった。コンテナ船比率が大きい川崎汽船の改善幅は、バラ積み船に強い商船三井とほぼ同水準の925億円となった。

 営業利益  今上期    前上期    改善幅
   日本郵船 862億円 ▲370億円 +1232億円
   商船三井 826億円 ▲114億円  +940億円
   川崎汽船 500億円 ▲424億円  +925億円

7月公表の修正値や4月公表の期初計画と上期実績との差異は以下のとおり。期初計画との比較では、期初に航空運送部門の赤字継続を見込んでいたが実際は黒字化した日本郵船の上振れが一番大きい。7月修正値比との差異は、主に夏場のピークシーズンサーチャージ(繁忙期の追加徴収運賃)が想定以上に徴収できたことによる。

上期実績比 7月修正値比  期初計画比
   日本郵船 +132億円 +492億円
   商船三井 +126億円 +306億円
   川崎汽船  +80億円 +330億円

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT