いのちの中にある地球 デヴィッド・スズキ著/辻信一訳

いのちの中にある地球 デヴィッド・スズキ著/辻信一訳

「生物多様性」なる言葉とその重要性が、名古屋での国際会議開催を契機にして、多くの人に認知され始めた。年間5万種もの生物が絶滅に追いやられ、地球規模で進むこの「絶滅へのカウントダウン」は、個々の生物種を脅かすだけではない。生態系全体をも飲み込もうとしているという。

表現を変えれば「あらゆる生きものたちは、ただ一枚の“生命の網”を編んでいる。私たち人間も、その動植物や微生物の織りなす壮大な“つづれ織り”の網目の一つにすぎない。いま、地球を包むその網が、人間の豊かな生活のために、引き裂かれつつある。だが、だれもその穴をふさぐ術を知らない」状況なのだ。

「最新こそが最良」との思い込みを捨て、科学主義の限界を知り、伝統文化の中ではぐくまれた知恵を生かすことこそ、この危機に歯止めをかけるのに有効と、カナダ生まれの日系3世で、同国を代表する環境団体の創設者で
ある、生物学者の著者は教える。

日本放送出版協会 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT