いのちの中にある地球 デヴィッド・スズキ著/辻信一訳

いのちの中にある地球 デヴィッド・スズキ著/辻信一訳

「生物多様性」なる言葉とその重要性が、名古屋での国際会議開催を契機にして、多くの人に認知され始めた。年間5万種もの生物が絶滅に追いやられ、地球規模で進むこの「絶滅へのカウントダウン」は、個々の生物種を脅かすだけではない。生態系全体をも飲み込もうとしているという。

表現を変えれば「あらゆる生きものたちは、ただ一枚の“生命の網”を編んでいる。私たち人間も、その動植物や微生物の織りなす壮大な“つづれ織り”の網目の一つにすぎない。いま、地球を包むその網が、人間の豊かな生活のために、引き裂かれつつある。だが、だれもその穴をふさぐ術を知らない」状況なのだ。

「最新こそが最良」との思い込みを捨て、科学主義の限界を知り、伝統文化の中ではぐくまれた知恵を生かすことこそ、この危機に歯止めをかけるのに有効と、カナダ生まれの日系3世で、同国を代表する環境団体の創設者で
ある、生物学者の著者は教える。

日本放送出版協会 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。