小泉改革の政治学 小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか 上川龍之進著 ~主要プレーヤーを利益最大化行動で分析

小泉改革の政治学 小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか 上川龍之進著 ~主要プレーヤーを利益最大化行動で分析

評者 河野龍太郎 BNPパリバ証券チーフエコノミスト

 政治学の通説では、不良債権処理や郵政民営化などを断行した小泉元首相の強いリーダーシップの源泉を、個人的キャラクターだけでなく、制度改革に求める。小選挙区制導入によって与党総裁として保持する公認権や政治資金配分権の重みが増し、同時に、橋本行政改革によって経済財政諮問会議などが設置され、法的にも首相の権限が強化された点などを重視する。

評者も通説どおりの理解をしていたのだが、本書は異論を唱える。まず、2005年総選挙前には、首相の意向どおりの政策が必ずしも行われておらず、権力が首相に一元化されてはいなかった、と言う。さらに、05年総選挙後に見られた首相支配はむしろ例外的現象で、制度改革後も首相が思いどおり政策を決定するにはさまざまな条件が満たされる必要があった、と論じる。本書の特徴は、新聞記事や当事者の回顧録など膨大な資料を駆使し、政策決定に関与する主要プレーヤーの行動を、利益最大化行動の結果として分析している点にあり、大変興味をそそる内容である。

解散権や公認権がいかに重要と言っても、その行使は1度か2度に限られる。このため、実現のために政権を失っても構わないと考えるほどの強い情熱を持つ政策にしか適用されない、と言う。実際、01、02年に首相の意に反し補正予算が組まれたが、解散権や公認権をちらつかせることもなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT