危険ドラッグ交通事故、“助手席”も罪になる

助手席男性の「免許取り消し」はなぜ?

日本各地で「危険ドラッグ」の使用者による交通事故が後を絶たない。事態を重くみた警察は、取り締まりに力を入れている。

厳しい対応は今後、ドライバーだけでなく助手席にも向けられるかもしれない。東京都公安委員会は、10月25日までに危険ドラッグを吸引したドライバーが起こした事故で、助手席にいた男性を運転免許取り消し処分にしている。

男性はドライバーに危険ドラッグをわたした疑いで、道路交通法違反(過労運転等の禁止)ほう助容疑で書類送検されたのだ。

違反行為を「そそのかした」ことになる

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

危険ドラッグを吸引し、事故を起こしたドライバー本人の免許が取り消されるのはわかる。しかし、「助手席の男性」の免許が取り消されるのは、どういった理由からだろうか。道路交通法にくわしい谷原誠弁護士に聞いた。

「一言でいえば、道路交通法にそういうルールがある、ということです。

『助手席の男性』の免許が取り消された理由は、報道によると『重大違反そそのかし』ということです。これは、道交法に規定された免許取消事由に該当します」

道交法のルールは、どんなふうに書いてあるのだろうか?

「実は道路交通法には、『危険ドラッグ』という文字は出てきません。

同法は、『過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態』で、自動車を運転する行為を禁止しています。

そうした状態で自動車を運転した場合、重大な交通の危険を生じるおそれがあるからです」

危険ドラッグを吸引すると、「正常な運転」はできなくなる?

次ページ法律に「危険ドラッグ」という文言はないが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。