危険ドラッグ交通事故、“助手席”も罪になる 助手席男性の「免許取り消し」はなぜ?

印刷
A
A

「まず、危険ドラッグを吸引すると、『意識が朦朧とする』『幻覚・幻聴』『錯乱』といった症状が出るようです。正常な運転ができないおそれがあると言えるでしょう。

したがって、危険ドラッグを吸引して自動車を運転することは、『薬物の影響』により『正常な運転ができないおそれがある状態』で運転したことになるので、道路交通法違反となります。

この違反行為は、重大な交通事故を引き起こす危険性が高いので、『重大違反』と言えるでしょう。そうすると、助手席の男性は、運転者に危険ドラッグをわたした、ということですから、この『重大違反』を『そそのかした』ことになります。

つまり、道路交通法の運転免許取消事由に該当するのです」

刑事処罰を受ける可能性も

重大な事故を引き起こす危険な行為をそそのかしたのに、免許が取り消されるだけだと、制裁としては軽いようにも思えるが…

「それだけではありません。刑法には、『ほう助』という罪があります。これは、罪を犯すことを容易にした、つまり手助けした者を罰する規定です。

今回、助手席の男性は、運転者が危険ドラッグを吸引して運転することによって道路交通法違反を犯すことを手助けしたことになります。道路交通法違反のほう助として、運転者と同様、刑罰を受ける可能性があることになります」

谷原弁護士はこのように指摘していた。危険ドラッグに起因する事故は後を絶たない。興味本位で手を出すのは、絶対やめてもらいたいものだ。

谷原 誠(たにはら・まこと)弁護士
みらい総合法律事務所代表パートナー。1994年、東京弁護士会登録。著書に「人を動かす質問力」(角川書店)他多数あり。テレビ朝日「報道ステーション」他テレビ出演も多数。ブログはこちら。弁護士による交通事故SOSはこちら
事務所名:みらい総合法律事務所

 

弁護士ドットコムの関連記事
危険ドラッグ所持で「免停」になる!? 警視庁「行政処分」ルールはどんな内容か?
危険な「脱法ドラッグ」なぜ販売されているのか――「薬物規制」の現状と課題
高速道路で起きた「玉突き事故」 真ん中の車は被害者? それとも加害者?

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT