"35歳以上婚"の実現に、「合コン」は有効か?

女性体育教師×ラガーマンの「大人な婚活」

里奈さん、なかなか大胆な先生である。ただし、一晩限りの関係にするつもりはなく、良一さんとは週1ペースで会うようになった。

「ダンナさんのほうからいつも誘ってくれましたが、ときどき音信不通になるのです。ほかの女性と会っているんじゃないか、私はやっぱり遊ばれているのではないかと不安になりました」

外観はマッチョな彼の意外な一面

そんなことが半年ほど続き、里奈さんは男友だちに相談をした。アドバイスは、「いいトシなんだからガッツリいかないとダメ。様子見では結婚できないぞ。本気で聞いてみろ!」。

意を決した里奈さんは良一さんに問い質した。ときどき連絡が取れなくなるのはなぜなのか。

「気持ちが病んでしまうと2~3日間は誰とも連絡を取りたくなくなるらしいんです。それを聞いて少し納得しました」

よく聞けば、良一さんは遊び慣れているわけではなかった。出会いの夜は酒の力を借り、勇気を振り絞ってお持ち帰りしたらしい。

「遊び慣れていない証拠に、最初の頃はレディファーストもできませんでした。でも、私が『こんなふうにしてくれたら女の子は喜ぶんだよ』と伝えると、次からちゃんと実践してくれるのです。結婚した今では、私の家事に対して『ありがとう』と言ってくれるようになりました。私が育てたんですよ!」

良一さんは自分より6歳も年下なのだから、最初からスマートなわけはない。勉強好きの里奈さんは、ある講演会で聞いた「男は6歳児と同じ。素直さがあれば育てることができる」という教えを思い出して、気持ちが楽になったと振り返る。

男性の僕としては反論というか補足をしたい。確かに、男は女によって人間的に成長する側面が大きいが、それにも相性やタイミングがあるのだ。「お前に言われたくないよ」と反発してしまう場合もある。一方で、気分が前向きなときの尊敬できる女性からのアドバイスならば、ちょっと厳しい内容でもすんなり聞けたりする。

次ページ結婚への道のりもスポーツマンらしく
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT