MSとドロップボックス、提携の狙いとは?

クラウドへの保管・共有で

 11月4日、米マイクロソフトは、クラウド経由でデータ保管・共有サービスを提供するドロップボックスと提携すると発表した。同社のロゴマーク。6月撮影(2014年 ロイター/Pichi Chuang)

[4日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>は4日、クラウド経由でデータ保管・共有サービスを提供するドロップボックスと提携すると発表した。「オフィス」利用者はドロップボックスのモバイル向けアプリやウェブサイトを通じてファイルの保管、共有が可能になる。

今後数週間に更新版を配布するオフィスのモバイルアプリでサービスを開始する。ウェブサイト経由のサービスは2015年上期になるとしている。

マイクロソフトはすでに「ワンドライブ」と呼ばれるデータ保管・共有サービスを自社で提供しているが、ドロップボックスとの提携で3億人以上(訂正)の利用者の取り込みが期待できる。

*英文の訂正により最終段落の「2億人以上」を「3億人以上」に訂正します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。