ファーストリテイリングの今期は踊り場か? 国内ユニクロの秋冬物不振が響き4期ぶりの減益に

ファーストリテイリングの今期は踊り場か? 国内ユニクロの秋冬物不振が響き4期ぶりの減益に

ファーストリテイリング(FR)の今2011年8月期は、国内外を含めた出店で増収は維持するものの、前10年8月期は好調だった主力の国内ユニクロの秋物の販売不振が響き、営業減益になりそうだ。

会社は売上高8560億円(前期比5.1%増)、営業利益1135億円(同14.3%減)と期初計画を示した。主力の国内ユニクロ事業は通期で4.7%減と軟調に推移するが、国内外への積極出店を続け増収は維持できる見通しだ。

ただ、9月の国内ユニクロの既存店売上高が前年同月比24.7%減となるなど秋冬商品が苦戦しており、前期の1.4倍と拡大販売する機能性肌着「ヒートテック」等の在庫リスクが顕在化しそうだ。不良在庫処分から値引き販売等が拡大する可能性が高く、採算低下で上期(10年9月~11年2月期)を中心に営業減益は免れないものと判断する。以上から、「東洋経済オンライン」では会社の減益計画に合わせ、表記のとおり予想する。

前期は、売上高8148億円(前期比18.9%増)、営業利益1323億円(同21.9%増)で着地した。大ヒット商品の「ヒートテック」を5000万枚投入、粗利益の高い同商品を完売したほか、同商品目当で来客数も増えたことで、「ダウンジャケット」や「ネオレザー」などのアウター商品の販売も伸長、大幅な増収増益となった。ただ、10年3~8月期(下期)は既存店がマイナス成長に転落し、同期間では減益となるなど、直近では課題の残る年度となった。

今期は残暑が長引いたことに加え、前期好調だった秋冬物の反動で、国内ユニクロは期初から大苦戦している。不振の理由について、柳井正社長は天候要因のほかに「表面的なファッションを追いかけた商品が増えている」(柳井正社長)点を挙げた。中途半端に流行を取り入れたことで、万人に受け入れられる商品の構成が減少しているという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。