任天堂、中間営業赤字を圧縮できたワケ

懸案のWiiUが損益改善

岩田社長は6月中旬に胆管手術を受け療養していたが、8月の盆明けから業務を再開。記者会見に臨むのは、病気療養以来初めてとなる。以前に比べて痩せた印象をみせたが「この2カ月の体重は安定している。そこで懸念は持っていない」と述べ、復帰をアピールした。

岩田社長によると、現在、頻繁な海外出張を控えるなど健康には気を遣っているが「社内会議や人前でお話しするなどは(病気療養)以前と同じことができるだけ回復している」と繰り返し強調した。

*情報を追加しました

 

 

(村井令二 編集:内田慎一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。