任天堂、中間営業赤字を圧縮できたワケ

懸案のWiiUが損益改善

 10月29日、任天堂が発表した2014年4―9月期連結営業損益は2億円の赤字で、前年同期から赤字幅を大幅に圧縮した。ロサンゼルスで6月撮影(2014年 ロイター/Kevork Djansezian)

[大阪 29日 ロイター] - 任天堂<7974.T>が29日発表した2014年4―9月期連結営業損益は2億円の赤字だった。中間営業赤字は4年連続だが、前年同期の232億円の赤字から大幅に圧縮した。据え置き型ゲーム機「WiiU」の損益が改善したほか、広告宣伝費を中心にコストを削減。円安進行も改善に寄与した。

7―9月期の営業損益は92億円の黒字で、同期として4年ぶりに利益計上。大阪市内で記者会見した岩田聡社長は「今期は販売増よりも収支バランスをとる。そのシナリオに沿って動いている」と述べ、4年ぶり通期黒字化に向けて順調に推移していることを強調した。

4―9月期の売上高は前年比12.8%減の1713億円だった。携帯型ゲーム機「3DS」の販売が減ったため減収だったが、前年にソフト不足で不振を極めたWiiUの販売が復調の兆し。4―9月期の3DSの販売は209万台(同389万台)だったが、WiiU販売台数は112万台(前年同期は46万台)だった。

WiiUは、製造原価が販売価格を上回る「逆ざや」を前期末で処理したため、販売増が直接貢献。また、広告宣伝費や賞与を圧縮したほか、円安進行も、4―9月期の売上高に62億円、営業利益に20億円の押し上げ効果があった。

当期純損益は143億円の黒字(前年同期は6億円の黒字)を計上。円安進行で9月末の外貨建て資産の評価で為替差益を155億円計上し、中間期として2年連続で最終黒字となった。

WiiU販売計画は十分に達成可能

年末商戦期を前に、2015年3月期の連結営業損益の予想は400億円の黒字(前年同期は464億円の赤字)計画を維持。トムソン・ロイターの調査によると、アナリスト19人の予測平均は244億円の黒字で、会社予想はこれを上回っている。WiiUの360万台(同272万台)、3DSの1200万台(同1224万台)の販売計画も変更していない。

2012年11月に発売したWiiUは、今年5月に有力ソフト「マリオカート8」を投入。12月には大型ソフト「大乱闘スマッシュブラザーズ」、ゲーム連動型フィギア「アミーボ」を発売する計画。

ソニー <6758.T>が昨年11月に発売した「プレイステーション4」の販売台数は8月に累計販売が1000万台を突破。WiiUの累計販売は729万台にとどまり水をあけられているが、主に子ども層を対象に「玩具」としての位置付けを色濃く打ち出すことで、巻き返しを図っていく。

岩田社長は、WiiUの販売について「昨年が悪かった。今年の年末商戦は昨年のように勢いがない状態ではない」と指摘。家族で遊べる大型ソフトが揃うことで「計画は十分に達成可能だ」と述べた。

次ページ健康回復をアピール
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT