楽天、「3分の1の価格」でスマホに参入

販売目標3~4年後に1000万台

 10月29日、楽天は格安スマートフォン(スマホ)市場に参入すると発表した。楽天のロゴマーク。8月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 29日 ロイター] - 楽天<4755.T>は29日、格安スマートフォン(スマホ)市場に参入すると発表した。通信料を大手携帯電話会社の3分の1程度に抑えることで、通信料の高さに不満を持つスマホユーザーや、スマホへの移行を躊躇(ちゅうちょ)している従来型携帯電話(フィーチャーフォン)ユーザーを取り込みたい考えだ。

3~4年後に1000万台の販売を目指す

始めるのは「楽天モバイル」。子会社のフュージョン・コミュニケーションズが、NTTドコモ<9437.T>の回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する。

データ量2.1ギガバイトプランの場合、月額料金は1600円となり、これに音声通話料がかかる。平均的な利用者は通話料込みで2200円程度になるとみており、ドコモ、KDDI(au)<9433.T>、ソフトバンク<9984.T>のデータ量2ギガバイトプラン(通話定額込み)の6500円の3分の1程度となる。

第1弾端末として台湾のASUS<2357.TW>製スマホ「ZenFone5」を採用した。

三木谷浩史社長は会見で「携帯電話料金は家計の負担になっており、国際的にみても高い」と指摘。その上で「これからはネットワークを持った携帯電話会社だけでなく、そのプラットフォームをうまく利用した、より効率的なMVNOという業態が非常に大きくなっていくのではないか」と述べ、事業の拡大に意欲を示した。

国内携帯電話市場をめぐっては、3グループによる寡占化で料金プランが横並びとなっており、競争促進の観点からMVNOに対する期待が高まっている。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT