楽天、「3分の1の価格」でスマホに参入

販売目標3~4年後に1000万台

 10月29日、楽天は格安スマートフォン(スマホ)市場に参入すると発表した。楽天のロゴマーク。8月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 29日 ロイター] - 楽天<4755.T>は29日、格安スマートフォン(スマホ)市場に参入すると発表した。通信料を大手携帯電話会社の3分の1程度に抑えることで、通信料の高さに不満を持つスマホユーザーや、スマホへの移行を躊躇(ちゅうちょ)している従来型携帯電話(フィーチャーフォン)ユーザーを取り込みたい考えだ。

3~4年後に1000万台の販売を目指す

始めるのは「楽天モバイル」。子会社のフュージョン・コミュニケーションズが、NTTドコモ<9437.T>の回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する。

データ量2.1ギガバイトプランの場合、月額料金は1600円となり、これに音声通話料がかかる。平均的な利用者は通話料込みで2200円程度になるとみており、ドコモ、KDDI(au)<9433.T>、ソフトバンク<9984.T>のデータ量2ギガバイトプラン(通話定額込み)の6500円の3分の1程度となる。

第1弾端末として台湾のASUS<2357.TW>製スマホ「ZenFone5」を採用した。

三木谷浩史社長は会見で「携帯電話料金は家計の負担になっており、国際的にみても高い」と指摘。その上で「これからはネットワークを持った携帯電話会社だけでなく、そのプラットフォームをうまく利用した、より効率的なMVNOという業態が非常に大きくなっていくのではないか」と述べ、事業の拡大に意欲を示した。

国内携帯電話市場をめぐっては、3グループによる寡占化で料金プランが横並びとなっており、競争促進の観点からMVNOに対する期待が高まっている。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT