コロワイド、「かっぱ寿司」へのTOBを発表

SPCを通じて実施、1株1048円

[東京 27日 ロイター] - コロワイド<7616.T>は27日、連結子会社のSPCカッパを通じて、カッパ・クリエイト<7421.T>に株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。買付予定株数は1株1048円で1781万6100株。

SPCカッパはTOBを目的として設立された会社で、議決権の100%をコロワイドが保有している。

買付予定株数の上限で計算される持ち株割合は43.45%。これにカッパ・クリエイトの追加の資金調達の可能性を考慮して、同社は61億円の第三者割当増資を実施し、50.5%の保有を目指す。TOBの応募株数の総数が買付予定数の下限にとどまった場合、第三者割当増資による払込総額が159億円になるという。

一方、カッパクリエイトは、元気寿司<9828.T>との業務提携解消を決議したと発表した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。