日本酒に惚れ「酒蔵作った」フランス人男性の半生 最初は「冗談のような」アイデアだったという

印刷
A
A
ワイン大国フランスにできた日本酒の酒蔵を紹介します (写真:Les Larmes du Levant)
この記事の画像を見る(7枚)

最初は「冗談のような」アイデアだった――。

フランス南東部の町、ペリュサン。ヨーロッパアルプスを遠くに臨み、中世に建てられた石造の城がシンボルとなっている、人口わずか3000人ほどのこの町の中心部に、2016年、一風変わった建物がオープンした。入り口のそばの木札に黒々と揮毫(きごう)されたその名は「昇涙酒造」。そう、ワインの国であるフランスに初めて作られた日本酒の酒蔵である。

フランス語で「Les Larmes du Levant」と呼ばれるこの酒蔵だが、創立以来国営ラジオ局France BleuやLe Figaro紙など現地メディアに取り上げられ、日本料理好きのフランス人のみならずミシュランの星付きレストランのシェフやソムリエの間でちょっとした話題になっている。

アルコール飲料の中でメジャーとは言えない

だがそもそもフランスでは、日本酒はアジア系のレストランで提供される質のよくない輸入物の白酒(※穀物から作る中国発祥の蒸留酒)とずっと混同されてきた。現在もその誤解はまだ完全になくなったわけではなく、依然として日本酒はアルコール飲料の中でメジャーだとは言いがたい。

ではなぜ現地ではワインの生産のイメージが強いペリュサンで、日本酒の生産が始まったのだろうか。昇涙酒造の創立者かつ代表であるグレゴワール・ブッフ氏によれば、「すべては日本的な縁によって生まれた」と言う。

昇涙酒造が作る純米酒(写真:Les Larmes du Levant)

ペリュサンから北西に150kmのところにある観光地で有名なアヌシー出身のブッフ氏は、2013年までバーマンとして日本酒どころか日本とさえ無縁の生活を送っていた。だが2013年にたまたま家族で日本を10日ほど訪れた際、銀座の居酒屋で日本酒を口にしたのが彼のその後の人生を大きく変えることになる。

次ページ冗談のようなアイデアから生まれた酒造
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT