あなたにも出来る! 社労士合格体験記(第15回)--初の法律系資格をGET! そして社労士へ再チャレンジ


タダほど有難いものはない

ところで、海外好き、語学オタクの私は、仕事や旅行で約30カ国を訪問した経験があります。ただ、5大陸の中でまだオーストラリアだけは行ったことがなかったため、年末、妻と行けたらと考えていました。しかし、突然の義母の入院で白紙撤回せざるを得ませんでした。

でも、せっかくできた時間です。なにか有益なことに使いたいと思っていたら、行政書士模擬試験を受けた資格予備校のLECで、興味深いパンフレットを見つけました。キャンペーンで各種資格試験の無料体験講座を12月から1月にかけて集中的に行うというのです。

まず、既に勉強をはじめている行政書士と社労士のクラスを申し込み、その後、FP(ファイナンシャル・プランナー)、簿記、弁理士、司法試験に至るまで、とにかく暇にまかせて、無料体験講座を受けまくりました。今まで調べもしていなかった資格について、どんな範囲が出題されるのか、難易度はどれくらいかなどがわかっただけでも、初学者の私にとって大変な収穫でした。

択一式の絞り込みのコツ

ビジネス実務法務検定の勉強をしていたときに、択一式の絞り込みのコツを覚えました。

この方法は社労士試験でも、大いに役立つと思っています。社労士試験の択一式は、5つの選択肢から正しいもの又は間違っているものを、一つだけ選び出します。

試験ではこの選択肢を、如何に絞り込んでいくかがポイントとなります。私はそれまで問題用紙の選択肢の横に、正しいければ“○”、間違っていたら“×”とだけ書いていました。ただ、このやり方だと正解が明らかな場合を除いて、うまく絞り込めないと感じていました。また、限られた時間で見直しをするときに、どこを見直すのかも迷うことになりかねません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。