新iPad、押さえておきたい4つのポイント

安くなった旧機種が普及拡大の大きな武器に

新型iPadは薄型化とともにディスプレーパネルが新しくなった(写真:新華社/アフロ)

アップルは米国時間10月16日に開催したイベントで、新型となる「iPad」と「iMac」「Mac mini」などの製品ラインアップを発表した。iPadについては概ね、噂通りの新製品となりインパクトは薄かった。大きなサプライズは5Kディスプレイを搭載した新型iMac程度であった。

では新たに発表されたiPadファミリーにはどのようなポイントがあるのか。知っておくべきポイントを4つにまとめてみた。

薄型化・高速化を進めたiPad Air 2

まず第一に、薄型化、高速化が進んだ。1年前に「鉛筆の薄さ」として発売した薄さと64ビットプロセッサが売りの9.7インチタブレット「iPad Air」。2014年はさらに薄型化を進め、6.1mmの厚さを実現し、第2世代64ビットプロセッサとなるA8Xを搭載し、処理性能で40%、グラフィックス性能を2.5倍へと、パフォーマンスを高めたiPad Air 2を披露した。

薄型化とともにディスプレーパネルが新しくなった。ほかに主なデザイン上の変更点を挙げると、新色となるゴールドが追加されるとともに、ミュートスイッチが側面からなくなりソフトウェア化された。また、スピーカーグリルのデザイン変更(2列から1列へ)、そして指紋認証が行えるようになるTouch IDの搭載となる。

カメラは外側のiSightカメラが800万画素化され、内側のFaceTimeカメラはf2.2でワンショットHDRやHDRビデオに対応するiPhone 6と共通の仕様へと変更されている。スローモーション撮影やバーストモード(高速連写)などの機能にも対応し、より充実したカメラ活用が行えるようになる。

すでに先代で64ビット化を果たし、さらに2世代前からRetinaディスプレイを搭載し、今回Touch IDを採用したことから、アップルが現状考えるタブレットの完成形に到達したような感覚かもしれない。形として完成されたものの形は、当分変わらない。それはアップルのMacBook AirやMacBook Pro、iMac、Mac miniを見れば分かることだ。

次ページ競合他社は利幅が薄いジャンル
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT