「近畿か東海か」微妙な立場、三重ご当地鉄道事情 近鉄が圧倒的だが、駅ではJRと改札口共有も

印刷
A
A
伊勢志摩観光に活躍する近鉄特急「しまかぜ」(撮影:鼠入昌史)
この記事の画像を見る(14枚)

三重県が近畿地方なのか東海地方なのかというテーマは、しばしば話題になる。結論から言えばどちらも正解らしいのだが、近畿だろうが東海だろうが同じニッポンだから、あまりたいした問題ではない。たいした問題ではないからこそ、ああだこうだと話題にするのにはちょうどいいのだろう。

そしてこんなことが話題になるくらいだから、三重県の立ち位置が微妙であることは事実だろう。それは、鉄道という一面からみてもよくわかるのだ。

並行する近鉄とJR

三重県の鉄道ネットワークを見ると、そのほとんどが伊勢湾沿いの平野に集中している。三重県の内陸部には鈴鹿山脈をはじめ険しい山が横たわっていて、市街地が平地に集中しているので当然のことなのだが、とにかく三重県の鉄道は伊勢湾沿いをゆく。この地で活躍するのは“近畿”日本鉄道(近鉄)とJR“東海”の路線だ。

関西本線のJR東海区間は全線で電化されている(撮影:鼠入昌史)

東京方面からの三重県の鉄道の入り口は、愛知県のターミナル・名古屋駅である。名古屋駅を起点として、JR関西本線、そして近鉄名古屋線が仲良く並んで木曽川・長良川・揖斐川の木曽三川を渡って三重県にやってくる。

そしてこの関西本線と近鉄名古屋線という2路線は、しばらくの間並ぶように走って三重県最大の都市・四日市を目指す。工業都市としてよく知られる四日市まで関西本線の快速ならば30分ちょっと、近鉄の特急だと30分弱。大して変わらないのだが、四日市における駅の場所がまったく違っている。

次ページ離れている2つの「四日市駅」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT