2月4日東京3万人超の予測もピークアウトは早い? 第2波“的中"土谷隆教授のシミュレーション

印刷
A
A
新型コロナ感染者の急激な増加が止まらない(写真:イデア/PIXTA)
この記事の画像を見る(5枚)

新型コロナ感染者の急激な増加が止まらない。これまでの流行では見られなかった子どもにも感染が広がり、学級閉鎖も相次いでいる。いったいいつピークを迎え、そのとき、社会が混乱しないために、私たちはいま何をすべきなのか。政策研究大学院大学、土谷隆教授のシミュレーションによると、東京都で第6波がピークに達するのは「2月上旬」だという。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

土谷教授の最新予測によると、東京都における第6波のピークは2月4日。新規陽性者数は3万668人に上るという。足元の状況をみると、1月26日時点で東京都の新規陽性数は1万4086人。

ここから10日あまりで、倍以上に増えるという驚きの数字だ。東京都の専門家会議の予測では2月3日に2万4千人という数字もある。

「実は、3万人という数は、ちょっと多いかな、と思っています。でも、実際の新規陽性者数が予測を上回り、『安心していたのに』と、言われるのは不本意で、『土谷は大げさだから』って、思われるくらいのほうがいい」

新規陽性者数のピーク値は?

そう言って、土谷教授は感染症の数理モデルを扱う学者としての胸の内を率直に明かす。

新規陽性者数のピーク値は、行政が把握していない未発症の感染者が市中にどれだけいるか、それをどう推計するかによってかなり変化する。一方、時期の予測については、「感染ピークの時期はほとんど変わりません」と、土谷教授は説明する。

シミュレーションによると、第6波は2月上旬にピークに達した後、急速に低下し、3月までにほぼ収束する。

政策研究大学院大学土谷隆教授の研究室のサイトより

だが、これで安心してはいけない。土谷教授が新規陽性者の予測を元に、待機濃厚接触者数を予測したところ、2月 中に100万人から150万人の待機濃厚接触者が発生するというのだ。

次ページ行政が把握できない陽性者が・・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT