2月4日東京3万人超の予測もピークアウトは早い? 第2波“的中"土谷隆教授のシミュレーション

印刷
A
A

「5月下旬に緊急事態宣言が解除されて、『次の流行の波は秋かな』と言われていたとき、6月12日に『7月に第2波が来る』と予測したら、それに近いかたちで感染者数が推移したのです」

実は、このモデルの背景には政策研究大学院大学だけでなく、中央省庁の関係者や、東京大学、大阪大学などの研究者、さらに感染症や看護の専門家からなる「危機管理研究会」の存在があり、メンバーらとの議論を基に、モデルによる予測値と実際の感染状況との間に生じたズレを常に修正してきた。

土谷教授の専門は「オペレーションズ・リサーチ」。これまで新型コロナを含め、さまざまな現実問題に対して、数理モデルを駆使してそれらの解決に取り組んできた経験が生かされている。

さらに、土谷教授は新型コロナのシミュレーションに関しては、「できるだけ、手堅いデータをモデルに取り入れてきた」と言う。

「データが蓄積され、明らかになった値を採用する。だから、ほかのみなさんの予測モデルと比べて、ぼくがワクチンの効果を組み込んだのは昨年9月と、だいぶ遅いんですよ」 

目を疑うようなデータが飛び込んできた

そんな土谷教授でも、オミクロン株の感染力は当初の想定をはるかに超えていたという。目を疑うような感染データが飛び込んできたのは、年明け直後。

「東京都が公表したデータを基に計算すると、12月25日のワクチン接種者の感染確率は未接種者に対して21%だった。ところが、1月4日には77%と激増した。たった1週間でワクチンが急速に効かなくなっていた」

これまでとは比較にならないほどの感染力を持つオミクロン株が凄まじい勢いで広がり始めているのを感じた土谷教授は衝撃を受けた。

「当初流行した武漢株からデルタ株まで、モデルの設定値を調整する必要はほとんどなかったんですが、オミクロン株が出てきてからは設定値をリセットするくらい調整し直さないと、まったく現実と合わない状態になってしまった」

一方、最初にオミクロン株が発見された南アフリカをはじめ、イギリスなどでは強い対策を打っていないのに感染者数の増加がピークアウトし、減少しているのが気になった。

教授は新型コロナ感染症の数理モデルに取り組み始めた当初から、ウイルスに感染しながらも、発熱などの症状をともなわない、未発症の感染者の存在に一貫して着目してきた。

次ページ東京都の感染状況をシミュレーション
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT