7割は課長にさえなれません 城 繁幸著

7割は課長にさえなれません 城 繁幸著

「知ってるか? もう40歳以上は課長に上げないんだってさ」

思わずドキッとするようなセリフが飛び交う、ストレートなメッセージ本だ。

好評を博した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』、『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか』の2作で日本型雇用への問題提起と個人のキャリア形成に言及した著者が、3部作の完結編として著したのが本書になる。

もはや転職では逃げられないし、ぶら下がろうにもその屋台骨すら存在しない。そこにあるのは「消化試合」という未来と、現状の雇用システムの矛盾というわけだ。

当然、そこに「希望」の2文字はない。

社会全体の構造に踏み込んでいるため、難解になりがちだが、巧みな比喩と平易な文章で書かれていて読みやすい。新書だが、図版やポイント整理によって要点が抑えられている点も大きい。

冒頭からは、架空の日本町を舞台にした寓話的なストーリーが進む。そこで登場する人物は、焦りを感じる30歳男性の派遣社員、ベンチャー企業に魅力を感じつつも大手に就職を決めた22男性の学生、二人目を産んだら退職を迫られる37歳女性の一般職。さらに、出世も昇給もストップしてしまう現実に愕然とする41歳男性の主任だ。

登場する誰かにシンパシーを感じると同時に、現代を覆う「生きづらさ」、「閉塞感」といったキーワードが重みを増して迫ってくる。

大企業の男性社員を頂点としたピラミッドを、江戸時代の身分制度やカースト制度を用いて、批判している点もおもしろい。歴史的に見ても、そのような呪縛にとらわれ、流動性を失った社会は必ず停滞するというのだ。

もちろん、いたずらに恐怖感と失望をあおるだけではない。エピローグでは「201X年」に訪れる、明るい未来についても示している。著者はそこで、具体的な改革ビジョンを提示する。新労働契約法が成立し、ガチガチに固まっていた社会が動き出す。そして、希望が生まれている。

現代に生きる人の必読書といえるかもしれない。

(フリーライター:小島知之=東洋経済HRオンライン)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。