「Web3.0」の説明にピンとこない人が多い根本原因 結局のところ今までのネットと何がどう違うのか

拡大
縮小

今やITサービスの成長にコミュニティーの存在は不可欠となりつつある。実際にAirbnbやUberといったユニコーン企業の誕生秘話には、資本市場の原理にとらわれない多様なステークホルダーが登場し、出資金以外のさまざまな貢献や応援を行っている。

にもかかわらず、こうしたステークホルダーは企業の生み出す富の恩恵にあずかることはできず、むしろ、望まぬサービスのアップデートに苦しめられることもある。

この不満を解決しようという願いがWeb3.0への原動力となっている。

Web3.0を生み出すブロックチェーン技術

これまでのインターネットの発展がつねにテクノロジーの進歩による課題解決を通じてもたらされたように、Web3.0への発展もまた新しいテクノロジーをきっかけとしている。そのテクノロジーこそがブロックチェーンだ。

ブロックチェーンはビットコインに端を発する新しいインターネット世界のインフラである。このインフラの特筆すべき特徴は以下の4つである。

  • ● ネットワークが特定の管理者ではなく分散的なデータ共有システムによって維持される。
  • ● ネットワーク上のデータを書き換えることが困難で、不正の検証が容易。
  • ● 個人がそれぞれの認証情報(ウォレット)を利用し、自身のデータ所有権を自由に行使できる。
  • ● 決済や投票といった特定の処理をプログラムコードのみで自立分散的に執行できる(スマートコントラクト)。

これらの特徴により、ブロックチェーン技術は、特定の管理者ではなく自立分散的に稼働するプログラムコードに依拠して、個人間の価値や権利のやり取りを実現する。

これまで企業やプラットフォーマーを介して行われてきたさまざまな取引が、インターネット上のプログラムコードに置き換えられるということだ。

これにより、技術的には、企業の得てきたマージンがサービスの提供コストから引かれ、安価で魅力的なサービスを生み出すことが可能となる。また、サービス運営資金の管理や分配、貢献者へのインセンティブも自動化しうる。

次ページ「インターネットの民主化」は本当か
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT