消防車専業で走るモリタ、頭打ち市場でも増収増益


「次の100年で世界首位を目指す」

とはいえ、国内市場では恒常的な需要の伸びは期待できない。今後はさらなるシェア向上と標準化車種を順次投入していくことで、採算改善を押し進めていく。標準化については、泡消防車に続いて、はしご消防車、ポンプ車で進めていく方針だ。

世界に目を転じると、モリタは消防車メーカー世界2~3位につけている。新村会長は、「次の100年で世界首位を目指す」と豪語する。

照準はもちろん、中国市場だ。国内需要が1300台程度なのに対し、中国には4000~5000台の需要がある。この世界最大の市場を狙って、05年には現地の消防車を生産する元国営企業に出資し、消防車の現地生産を行っている。

泡消防車に続く次の戦略商品には、はしご消防車を置く。1台の泡消防車が3000万円程度なのに比べ、30メートルのはしごを積んだ最新式のはしご消防車で1台1億8000万とケタが違う。年間60台製造するはしご消防車のうち、国内向けは40台程度で、残りは中国に輸出している。納品先は北京市や上海市など高層ビルが増えている大都市だ。現在、三田工場には北京市向けのはしご車がずらりと並んでいる。

「まずは消防車で“モリタ”ブランドを浸透させていく。いずれははしご車の現地生産に向け新たな提携先を探したい」(白井取締役)。国内で逆境をはね返した自信をばねに、中国への助走を始めている。

■モリタホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

(松浦 大 =週刊東洋経済2010年9月25日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT