消防車専業で走るモリタ、頭打ち市場でも増収増益

消防車専業で走るモリタ、頭打ち市場でも増収増益

兵庫県三田市。工場へ向かう廊下を抜けると、壁一面に子供たちから寄贈された絵が飾ってある。1枚1枚の画用紙をいっぱいに埋めるのは真っ赤な消防車。さらに行くと、世界屈指の規模を誇る消防車製造工場の巨大空間が出現した。

1907年に創業、国内初のエンジン付きポンプ消防装置を製造し、100年にわたって消防車を製造してきたのが、この工場の主・モリタホールディングスだ。国内の消防車生産では、ポンプ車で50%以上、はしご車ではほぼ100%の圧倒的なシェアを握る。

下グラフのとおり、国内の消防車の新車登録台数はこれまでも波はあったが、入札公示価格の安定が救いだった。だが98年以降は台数自体が一段低い水準へ移行し、08年にはついに市場がピークだった96年比で3割も減少した。さらに数年前からは、頼みの綱だった入札公示価格も揺らぎ始める。地方自治体の財政が一段と悪化していることが大きな要因だ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。