消防車専業で走るモリタ、頭打ち市場でも増収増益


バトン託された新社長 2年間工場に張り付く

現在モリタが戦略商品と位置づける泡消防車は、95年の阪神・淡路大震災をきっかけに生まれた。各地で消火活動が重なったため水道管内の水圧が低下、消火栓から水が出ないという危険な事態が相次いだ。この問題を重視した新村氏が少量の水で消火活動を可能にする消防車の開発を指示。そこから誕生したのが泡消防車だ(市場投入は07年7月)。

泡消防車は、従来の水に少量の薬剤と大量の空気を圧縮して混ぜることで泡を作り、その泡を放水することで消火活動を行う。泡での消火は水の使用量がわずか17分の1で済み、放水時の負担も軽いため、大幅に消火効率を上げることができる。

さらに、この泡消火ユニットの生産を標準化し、大幅な効率アップに成功した。現在モリタが生産するポンプ消防車約600台のうち、100台以上がこの泡消火ユニットを搭載した消防車となっている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。