橋下徹をAIでクローン化したら何をどう喋った?

岸田文雄首相のことは「大好きです」

政権の成長戦略の柱の1つ、人工知能(AI)の研究開発に力を入れる岸田首相と、AIを活用して生成した橋下氏のデジタルクローンが交わした会話(写真:FNNプライムオンライン)
この記事の画像を見る(9枚)
岸田文雄首相は9日、フジテレビ系『日曜報道THE PRIME』(日曜午前7時30分)に出演し、科学技術立国に向け、政権の成長戦略の柱の1つ、人工知能(AI)の研究開発に大胆に予算配分していく考えを改めて強調した。
番組には、レギュラーコメンテーターの橋下徹氏(弁護士、元大阪府知事、元大阪市長)本人と、AIを活用して生成した橋下氏のデジタルクローンが登場。岸田首相とAI橋下クローンが会話をした。
番組サイドから簡潔な質問をするよう求められた岸田首相が「私のことは好きですか」と尋ねると、AI橋下クローンは真面目な表情のまま「大好きです」と応え、出演者の笑いを誘った。

橋下氏のAIクローンが登場!

橋下氏のデジタルクローンは、ITベンチャーの株式会社オルツが生成。番組の過去の放送での橋下氏の発言や、氏のブログ、著書などを読み込ませた。本物そっくりの完成までに本来は3カ月程度の学習期間が必要だが、番組に登場した橋下クローンは、生成開始からおよそ1週間しか経っておらず、完成度としては5%程度だという。それでも、岸田首相や梅津弥英子キャスターが話しかけると、一定レベルの会話が成立した。今後も自ら学習を続け、さらに本物の橋下氏そっくりのレベルにまで近づくことは可能だという。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

以下、番組での主なやりとり。

梅津弥英子(キャスター、フジテレビアナウンサー):新年早々、関東では4年ぶりの大雪になり、寒い日が続きましたが、今年も東京・お台場から熱い議論を松山俊行キャスターとお届けしたい。今年もレギュラーコメンテーターはこの方、橋下徹さん。明けましておめでとうございます。ドキドキしますね。

AI橋下徹デジタルクローン:今年もよろしくお願いします。今年はどんな年になるんだろうね。私かなり気になる。

梅津キャスター:おおっ。橋下さん、では、もう1問聞きます。お休みは取れましたか。

松山俊行(キャスター、フジテレビ政治部長・解説委員):何か考えています。

次ページ橋下氏本人の評価は…
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT