橋下徹をAIでクローン化したら何をどう喋った? 岸田文雄首相のことは「大好きです」

印刷
A
A

梅津キャスター:そうなんです。これ、プログラミングではなくて言葉を認識して、ちゃんと自分の中にあるもので会話をしているということです。

橋下氏:遠隔でこの言葉を打っているのではなくて……。

梅津キャスター:じゃない、じゃないです。

橋下氏:自分で考えてやっている。

製作から1週間、まだまだ学習中

松山キャスター:過去の発言、本、メルマガなどそういったものを全部叩き込んだうえでこういう発言になっているということです。

(写真:FNNプライムオンライン)

橋下氏:放送禁止用語が出なくてよかった。

梅津キャスター:正直、松山さんと私はそうとうどきどきしていました。

橋下氏:あー、よかった。これ、本当に出たとこ勝負じゃないですか。生放送の番組で。

松山キャスター:かなりリスキーです。

次ページAI技術を成長戦略の柱として掲げるあの人が登場
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT