橋下徹をAIでクローン化したら何をどう喋った? 岸田文雄首相のことは「大好きです」

印刷
A
A

梅津キャスター:これが本音かどうかでいうと、橋下さんどうなのですか。

橋下氏:僕は罵られない限りは嫌いな人はいません。

(写真:FNNプライムオンライン)

梅津キャスター:「大好き」とデジタルクローンは言い切っていますけれど。

橋下氏:僕は梅津さんも、松山さんも大好きです。

AI技術の開発の詳しい内容

松山キャスター:何か、お酒の話が出てきたというのは、やはり岸田さんにはお酒というイメージがあるからなのですかね。

岸田首相:うーん、どうなのでしょう。

橋下氏:でも、最後のほう(の発言)はちょっとわからない。

梅津キャスター:そうですね、まだ学習中ということで……。

松山キャスター:岸田政権はAIを成長戦略の重要な柱の1つとして掲げていますが、今後、こういうAIの技術をどのように発展させていきたいと考えていますか。

岸田首相:そうですね、AIは、例えば、自動運転や遠隔医療などさまざまな分野で大きな役割を果たしてくれる。これからの戦略の柱として、国としても国家戦略をしっかり立てて進めなければいけない分野だと思っています。ぜひ予算もしっかり用意してAI分野をしっかり押し上げていきたい。

(写真:FNNプライムオンライン)

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」 の関連記事
岸田首相に直撃! オミクロン株に経済対策、対中国では「強かに冷徹な外交」を…2022年の日本の舵取りを展望
【政治の眼力】無色で軸がない“融通無碍”な岸田首相が「シン・キシダ」に生まれ変わる時
河野氏「接種能力ある自治体から優先接種を」

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT