ユニクロ、15年8月期は38%営業増益見通し

海外けん引で成長加速

 10月9日、ファーストリテイリングは2015年8月期の連結営業利益(IFRS:国際会計基準)が前年比38.0%増の1800億円になるとの見通しを発表した。。都内で7日撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983.T>は9日、2015年8月期の連結営業利益(IFRS:国際会計基準)が前年比38.0%増の1800億円になるとの見通しを発表した。積極展開を続ける海外ユニクロ事業がけん引し、営業最高益を更新する見込み。

課題だった国内ユニクロの利益率改善も進んでおり、成長が加速してきた。

連結売上収益は前年比15.7%増の1兆6000億円を計画。年間配当は20円増配して、年320円を予定している。

海外ユニクロ、200店舗を新規出店

今期は国内ユニクロ事業、海外ユニクロ事業、「ジーユー」などを含むグローバルブランド事業でそろって増収増益を見込んでいる。

海外ユニクロ事業は、中華圏100店、韓国30店など200店を新規出店。期末には818店舗体制を予定しており、国内ユニクロの844店舗(フランチャイズを含む)とほぼ肩を並べる規模となる。

柳井正会長兼社長は会見で「海外ユニクロは各エリアで本格的な事業展開を行う」と述べた。2014年春にはドイツとオーストラリアに進出したが、今後はインドへの進出も検討する。

国内ユニクロ事業は既存店売上高で3.5%増と3期連続でのプラスを狙う。客数と客単価の内訳は明らかにしていないが、客数よりも客単価の伸びが上回るという。9月の国内ユニクロ既存店売上高は前年同月比19.7%増と好調なスタートを切っている。

直営店の新規出店は37店、閉店は54店で17店の純減となる。国内では店舗の大型化を進めており、1店舗当たりの収益性を高めている。

次ページ2014年8月期、日本基準なら増収増益
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。