OPEC減産で上昇した原油価格、当面はイラクの動向が焦点に(1)

原油価格が上昇している。先物の指標となる、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)価格は、9月に入って1バレル27ドル台と、今年5月以来の最安値を付けて下落傾向だった。それが9月24日になり、わずか1日間で1ドル強もハネ上がったのだ。10月1日時点では1バレル29.3ドル(11月物)を付けている。
 その発端はまさに、同日ウィーンで開催されたOPEC(石油輸出国機構)の臨時総会で、11月以降の減産を発表したことだ。「据え置き」と見ていた業界の見方を裏切るサプライズだった。減産枠は日量90万バレルで、この結果、原油生産枠は同2450万バレルになる。減産は2002年1月以来という。
 背景には何と言っても、イラクが復興資金確保のため大増産を仕掛けるのではないか、との観測が上がっていたことである。米国主導で再建が進行中のイラクでは、米英兵への報復が続くかたわら、原油の生産は徐々に回復している。イラクにとっては石油の輸出こそ外貨を大量に稼げる唯一の手段。イラクだけではない。非OPEC諸国でも生産を拡大中、かつ米国も供給増で在庫水準が積み上がりつつある。一方で、現物の指標であるバスケット価格(7油種平均)は1カ月間で4ドル強も下落し、OPECが目標の下限としている25ドル台まで落ちていた。年末に向けてより供給過剰が心配されるために、焦ったOPECが需給引き締めを狙って、各国に協調減産を要請したというわけだ。    
                               以下、(2)に続く

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT