【産業天気図・トイレタリー・化粧品】国内市場低調続き「曇り」。高級品などニッチ市場やアジアに強い企業が踏ん張る

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

トイレタリー・化粧品業界は2010年10月から1年通じて、「曇り」の鈍い景況感にとどまりそうだ。化粧品、日用品共に国内はおおむね低調。高級化粧品など大人用トイレタリーなど、ニッチな領域に強い企業が堅調な業績を残しそうだ。

化粧品の国内市場は出荷数量、金額が底打ち、前年同月実績を上回る月も増えてきた。だが、回復の勢いは依然弱い。特に大手化粧品メーカーは依然として苦戦しそう。資生堂は国内売上高の前年同月割れが、10月以降も続きそう。主力ブランド「マキアージュ」など、ボリュームゾーンである中価格帯の化粧品が伸び悩んでいる。消費者の低価格志向に対応し、1000円以下の化粧水「専科」を9月から投入したが、他の苦戦を補えるような効果は期待できない。

化粧品2位の花王も大苦戦。「ソフィーナ」は売上高500億円を超える代表ブランドだが、赤字が続いている。尾崎元規社長は化粧品事業の構造改革を行う方針だが、具体策は現状不明だ。

ただ、高級化粧品に強いコーセーは回復基調に乗りつつある。消費低迷時も高価格帯は固定客が多いと言われており、マイナス幅を抑えることができていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT