マック、赤字の理由はチキンショックだけか

顧客から見て「もう魅力がなくなった」?

地域ごとに適した店舗デザインで改装を進める(撮影:風間仁一朗)

こうした反省を踏まえ、今回の会見では、前述の3つの課題について、抜本的な見直しを行うことを明らかにした。

まず「価格」については、10月8日からランチタイム限定の「昼マック」を導入。「ランチの予算は540円。熱々の食事を持ち帰って食べたい」という消費者のニーズに合わせ、350円・450円・550円の3つの価格帯でセットメニューを販売する。

全体的な価格体系も「一貫性のある、わかりやすいもの」(カサノバ社長)に改め、クーポン券は「ロイヤルカスタマー(常連客)が価値を感じやすい形にする」(カサノバ社長)という。

「メニュー」については、5月に期間限定で販売した「とんかつマックバーガー」をレギュラー商品に取り入れる。さらに、食材サプライヤーとの協力関係を強化し、新規メニュー開発も積極化させる。また子供向けのメニューも、拡充させる方針だ。

そして「店舗」については、既存店への投資戦略を見直し、現状では全店舗の25%にとどまっている近代的店舗の比率を、2018年までに85~90%まで引き上げる計画。さらに、全国画一の店舗デザインを地域ごとで最適なものへと改め、改装の効果を高めるという。

価格体系の課題は今も調査中

プレゼンテーションの最後にカサノバ社長は、「これまでとは違うレベルの決意、明確な意思を持って、このプランをすべてのお客様のために実行していく」と宣言した。だが、全体的な価格体系の見直しは作業に着手したばかりで、現在も消費者のニーズを調査中。今月末に調査結果が判明してから、具体的に動き出すという状況だ。

昨年8月の社長就任から1年以上を空費してしまったカサノバ体制。その手の内から、はたして有効な立て直しプランが出てくるのか。日本マクドナルドの先行きは今もなお視界不良だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。