HP、パソコン・プリンタ分離は"茨の道"

投資家やアナリストから懐疑的な見方

 10月6日、米ヒューレット・パッカード(HP)はパソコン(PC)とプリンター事業を分離する計画を明らかにした。2013年1月撮影(2014年 ロイター/Stephen Lam)

[シアトル/サンフランシスコ 6日 ロイター] - 米ヒューレット・パッカード(HP)は6日、パソコン(PC)とプリンター事業を分離する計画を明らかにした。メグ・ホイットマン最高経営責任者(CEO)は、3D(3次元)プリントなど成長市場の強化やPC販売の復調などと言った青写真を描くが、投資家やアナリストの間では懐疑的な見方も強いようだ。

PC・プリンター事業は、企業向けハードウェアサービス事業から切り離され、「HP」の社名で再出発することになる。6日の米国株式市場では株価はおよそ5%上昇し、投資家が総じて好意的に受け止めていることが示された。しかし、新「HP」がデスクトップコンピューティングの凋落を食い止めることができるのか疑問視する向きもある。

スタンダード・ライフ・インベストメンツのポートフォリオマネジャー、ブライアン・フォックス氏は「新『HP』はキャッシュを生み出す力はあるが、今後の成長可能性という点では厳しい」と指摘した。

バーンスタインのトニ・サコニャーニ氏によると、新「HP」はキャッシュフローが堅調で配当利回りも高く、市場で上位を占める。一方、長期的には営業コストが上昇する可能性がある。破談になったとは言え、一時はストレージの米EMCと合併を交渉していたことを踏まえると、HPの自力での利益成長は見込み薄なのかもしれない。

PCの世界出荷台数はここ3年間、タブレットやスマートフォンに押されて減少が続いたが、ハイテク専門調査会社ガートナーによると、向こう数年間は「低ペースながらも継続的な」成長が見込まれる。ただし、2011年のピークに回復するのは早くとも18年以降だという。

次ページPCが復活するとしても・・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT