通販 「不況知らず」の業界研究 石光勝、柿尾正之著

通販 「不況知らず」の業界研究 石光勝、柿尾正之著

通信販売業界の2008年度の総売上高は、4兆1400億円。小売業全体の売り上げが5年連続マイナス成長を続ける中、前年比6・7%増と「不況知らず」。

本書は、通販会社社長と協会理事が、深くかかわる業界を詳細に分析したもの。アメリカという広大な土地で隅々まで物を売ることから始まり、カタログ販売、テレビ、インターネット、ケータイと新しいメディアを取り込みながら急速に成長していった通販の歴史をひもとく。また、通販が女性の社会進出や少子高齢化とともに発展していった社会的背景も明らかにする。

テレビの通販番組が深夜零時以降に売れる理由、話題の「ジャパネットたかた」の戦略なども解説する。

新潮新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT