通販 「不況知らず」の業界研究 石光勝、柿尾正之著

通販 「不況知らず」の業界研究 石光勝、柿尾正之著

通信販売業界の2008年度の総売上高は、4兆1400億円。小売業全体の売り上げが5年連続マイナス成長を続ける中、前年比6・7%増と「不況知らず」。

本書は、通販会社社長と協会理事が、深くかかわる業界を詳細に分析したもの。アメリカという広大な土地で隅々まで物を売ることから始まり、カタログ販売、テレビ、インターネット、ケータイと新しいメディアを取り込みながら急速に成長していった通販の歴史をひもとく。また、通販が女性の社会進出や少子高齢化とともに発展していった社会的背景も明らかにする。

テレビの通販番組が深夜零時以降に売れる理由、話題の「ジャパネットたかた」の戦略なども解説する。

新潮新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スタバvs.コメダ<br>知られざるコーヒー頂上決戦

米国シアトル発でスタイリッシュなスターバックスコーヒーと、名古屋発で庶民的なコメダ珈琲店。多様化する国内カフェ市場では「振り切った戦略」でないと生き残れない。対照的な両チェーンの戦略の違いを検証する。