通販 「不況知らず」の業界研究 石光勝、柿尾正之著

通販 「不況知らず」の業界研究 石光勝、柿尾正之著

通信販売業界の2008年度の総売上高は、4兆1400億円。小売業全体の売り上げが5年連続マイナス成長を続ける中、前年比6・7%増と「不況知らず」。

本書は、通販会社社長と協会理事が、深くかかわる業界を詳細に分析したもの。アメリカという広大な土地で隅々まで物を売ることから始まり、カタログ販売、テレビ、インターネット、ケータイと新しいメディアを取り込みながら急速に成長していった通販の歴史をひもとく。また、通販が女性の社会進出や少子高齢化とともに発展していった社会的背景も明らかにする。

テレビの通販番組が深夜零時以降に売れる理由、話題の「ジャパネットたかた」の戦略なども解説する。

新潮新書 735円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。