ファッションで変貌する心斎橋、アジア圏からの観光客が急増

ファッションで変貌する心斎橋、アジア圏からの観光客が急増

大阪を代表するアーケード街・心斎橋筋商店街が、全国屈指のファストファッション街へと変貌している。

「ユニクロ」初の大型店が2004年に進出したのを皮切りに、07年にはスペインの「ZARA」、今年3月にはスウェーデンの「H&M」が開業。さらに10月、ユニクロが売り場面積2640�の巨大店を開く。これまで営業していたユニクロ店舗跡地には、系列の「ジーユー」が国内最大店を開店する計画だ。

心斎橋に巨大店を構える理由についてユニクロは、「アジアなど海外への情報発信地としてのポテンシャルが高い」ことなどを挙げる。心斎橋はアジア圏からの観光客が急増しているうえ、周辺にショッピングゾーンやブランドショップが隣接していることもあり、海外出店の際のモデル地域になると見ているようだ。

心斎橋はここ数年、消費不振の影響で人影がまばらだった。それが、新店効果で今春から潮の流れが一変。通行量は3月に前年同月比110%となり、その後も高水準の人出が続いている。衣料系以外でも、4月には米国発祥の「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が開業し、注目度が一気に高まった。心斎橋筋商店街振興組合の前田雅久事務局長は「(米ブランドの)フォーエバー21もぜひ来てほしい」と強い期待を寄せる。今後ますます活気が出てきそうだ。

(梅咲恵司 =週刊東洋経済2010年9月18日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT