藤野英人氏、「良質なデータには鼓動がある」

カリスマファンドマネージャーのデータ分析論

過去10年のパフォーマンス
 
リーマンショック後のパフォーマンス

また、情報公開に対する姿勢を測る実験として、はがきアンケート調査を実践したこともあります。上場企業各社にアンケートを送って答えてもらう、という調査ですが、この実験で私が見ていたものは、アンケートの回答内容ではなく、返信があったか無かったかでした。ホームページの改編調査と同様、はがきの返信があった企業は、返信が無かった企業の株価・業績を上回っていました。また、急に返信が無くなった企業の株価は落ちやすい、という傾向も見られました。

他にも人間の思考や行動に紐づいていると考えているデータは沢山ありますが、いずれにしても、株価や業績、営業利益を説明する“血の通ったデータ”を見つけるためには、人間を理解する必要があると考えます。

次ページ大事なのは仮説
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。