大崎洋・吉本興業社長--タレントや芸人と一緒に次の100年を考えたい


──非上場の選択理由に、将来のビジネス規模を明確に説明しづらいというのがありました。

難しい。そもそもお笑いをやっている理由だって、アメリカの投資家には説明できない。会社としては当然、事業継続しなければならないし、利益を求める必要もある。それはわかっているが、方向性みたいなところで時にはギャンブルをしないといけないところはある。だから上場の形態を維持するのは難しいなと思った。そもそもエンタテインメントの会社が上場する意味はあるのだろうかと考えた。大きなプロジェクトを始めるときに工場を造ることもないし、上場によってブランドが成立しているわけでもない。新入社員だって、上場企業というよりも「あの吉本」ということで入ってくる。

非上場化の直接の引き金は07年ごろからの一連の混乱(創業家と経営陣との確執報道や、芸人の中田カウスが襲撃され、吉本興業幹部が脅迫された事件など)もある。当時は、会社が外からだけでなく内部から崩壊するリスクもあった。社内の混乱をどうするかが喫緊のテーマだったので、それを解決するために非上場化したという部分もある。

家族的な信頼関係が社風やパワーの源

──吉本興業は儲け主義だとか、タレント数を背景に覇権を握っているという声もあります。

利益率でいうと、ほかと比べて低いと思う。儲け主義がいいか悪いかという議論はあるが、一般に思われているイメージとはずいぶん違う。タレントや芸人さんとの向き合い方でいうと、それこそ死ぬまで吉本所属という人がほとんどで、50年とかの付き合いになると、わかることもたくさんある。若い人たちは年長の芸人やタレントの処遇、先輩たちの会社との向き合い方を見ている。だからこそ信頼関係を基本にしなければいけない。家族的な信頼関係がベースにあるから、安心感が生まれ、社風やパワーにつながっていると思う。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT