なぜ長寿企業は「人材育成」が上手なのか

強さの訳はここにある――OJT編

若手社員は杜氏から酒造りの指導を受け、多くのことを学ぶ(写真提供:月桂冠)

世界から見ても、日本は創業100年以上の長寿企業の宝庫と言われています。なぜそんなに長寿企業が多いのか、長く繁栄する秘訣はどこにあるのか。その謎を解き、いまの日本企業が学ぶべきことを探ろうと、このたび『創業三〇〇年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか』を出版しました。これまで2回にわたって300年以上の歴史があり50億円以上の売り上げを誇る「日本型サスティブル企業」について解説してきました。

 最終回の今回は、これらの企業の「人材育成」について見ていきます。企業を長く存続させるためには、社長や後継者だけでなく、社員一人ひとりが構成する組織が変化に対応し、その企業の社風を体現することが必要です。このような社員を育てるため、組織構成員の相互の関係性の中で学習する方法を中心に据えているケースが多く見られます。

機能不全のOJT

いわゆるOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)は、広く用いられている人材育成の方法であり、職場の上司や先輩が部下や後輩に対して具体的な仕事を通じて、仕事に必要なスキルと考え方を習得させる企業内教育です。これまでの日本企業は、終身雇用を背景にした継続的なOJTによる組織学習が強みのひとつと言われていました。

次ページ徒弟的システムを上手く活用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT