かつお節、和菓子…老舗が本気で海外目指す

リクルート出身のベンチャーが水先案内人に

老舗企業の海外進出を後押しするスターマークは、イベント後も現地での販売体制構築を支援する

かつお節、和菓子、海苔(のり)、手ぬぐい……。日本の老舗企業の海外進出を後押しするイベントが、10月3日から4日間にわたり、シンガポール高島屋で開催される。

「Japan Travel Fair 2014」と銘打ったイベントを主催するのは、日本の観光庁と日本政府観光局(JNTO)だ。共催団体の「クレアシンガポール」(一般社団法人自治体国際化協会のシンガポール事務所)が設けた展示ブースには、にんべん(かつお節、だし)、和久傳(塩、香醤)、笹屋伊織(和菓子)、山本海苔店(のり)、竺仙(てぬぐい)といった、日本を代表する老舗企業が顔をそろえる。

実はこのイベントには”隠された意図”がある。というのは、単なる展示会ではなく、老舗企業の国際展開の起爆剤ともなる仕掛けが設けられているからだ。

「本気で売る」企業こそ支援

「『イベントに持って行ってそれで終わり』」ではなく、提携店舗に販売棚を持つ当社がイベント終了後もお預かりすることによって実際に販売し、利益を得るということが可能になった」。

こう説明するのは、老舗企業のEコマースなどを支援する「スターマーク」の林正勝社長だ。

リクルート出身の林社長が10年前に設立した同社は、ブースの運営を通じて、クレアシンガポールの業務推進を支援。これと軌を一にする形で、シンガポールで小ロットからの日本製品の販売をサポートする体制を構築した。具体的には、英語による商談から、販売ライセンスの取得、倉庫の確保、必要な人材の採用まで、一括して引き受ける体制を整えた。

次ページなぜ日本の伝統文化は輸出できないか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。