かつお節、和菓子…老舗が本気で海外目指す

リクルート出身のベンチャーが水先案内人に

「イベントに持って行ってそれで終わり、ではいけない」と説く林社長

 「クールジャパン」などともてはやされる日本文化や伝統的な商品だが、「実際のビジネスとなるとお寒い状態だ」と林社長は解説する。というのは、多くの企業では英語を話せる人材が乏しく、現地で継続的に販売する体制を構築できていないからだ。

「展示会に参加して帰って行く。持ってきた商品は隣のブースの人などに差し上げておしまい。以降は何も続かない。それだから、日本との取引に期待していた相手国の企業は、不満がたまっている。最近では、本気でない企業ならば連れてくるな、という声すら上がっている」(林社長)。

このままではまずいというものの、老舗の中堅中小企業が海外で販売体制を整えるのは至難の業だ。そこでトータルの支援を買って出たのが、林社長のスターマークである。シンガポールに本拠を置く同社は、香港やベトナムに子会社を設立。日本法人は東京と京都に事務所を擁している。

シンガポールに続き、中国でも本格展開へ

同社ではすでに、シンガポールを含む東南アジアや中国、香港などで、「工芸品(塗のiPhoneケース、手ぬぐい、人形など)や食品(だし、抹茶、和菓子)などを販売している。シンガポールに続き、今後は中国でも、日本企業の販売促進を目的としたイベント開催に参画していく。「2017年には日本での売り上げを超す状況を作りたい」と林社長は意気込む。

人口減少による国内市場規模の縮小は、海外に足場がない企業にとって死活問題だ。「それだけにグローバル展開こそ、老舗企業の生き残りのためにも不可欠」(林社長)。スターマークはその水先案内人の役目を買って出ようとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。